トレーラーの仕事とは

トレーラーとは、牽引貨物自動車のことです。運転席部分のトラクタと荷物部分であるトレーラーとが切り離すことができるすくみになっており、重量のある大量の荷物を運ぶ際に、トレーラーは活躍します。多くの人が想像しやすいものは、コンテナを荷台としているトレーラーでしょう。しかし、トレーラーには様々な種類があります。自動車を積み荷として運ぶキャリアカーもトレーラーの一種であるほか、タンクローリーやダンプトレーラー、より多くの荷物を運ぶフルトラクタなどもあります。基本的にトレーラーの仕事というものは、長距離を大量の荷物を運ぶ仕事です。車の運転が好きで、長距離の移動でも苦にならない人に向いている仕事といえるでしょう。

トレーラーの給与事情

トレーラーの給与は、数あるドライバーの仕事の中でも高い部類に入るでしょう。正社員として働く場合、月に決まった給与を支払う月給制とどれだけ働いたかといった出来高制の二つの給与支払い方法があります。おおよその会社では、歩合制と月給制を組み合わせた形で支払われることが多いです。雇用形態は正社員から、アルバイトまで様々あります。どのような雇用形態、どのような給与形態なのかによって、会社によって平均給与は異なりますが、およそ400万から450万ほどといえるでしょう。

トレーラーの仕事をするためには

トレーラーの仕事をするためには、専門の資格が必要となります。それは、トレーラーを運転するための免許であり、大型自動車免許とけん引免許です。大型自動車免許は3年以上の運転経験が必須となります。

トレーラーの求人は、正社員が多いので、安定した仕事を見つけることができます。また、法人向けの求人もあります。