家具や家電製品が用意されているのが大きな特徴

短期契約マンションとも呼ばれているマンスリーマンションの多くは家具や家電製品が用意されています。これは一般的な賃貸住宅とは異なり、マンスリーマンションは一定期間だけの入居を前提としているためです。そのため、住宅の建て替えによる仮住まいや出張の際のホテル代わりなどの目的で使用されるケースが多数を占めます。用意されている家具や家電製品はいずれも生活必需品に分類されている物ばかりなので手ぶらで入居することができます。基本的に数日から数週間程度の入居契約ですが、家主が決めた利用規約に沿った手続きを行うことで長期の入居も可能です。

利用料金はホテルと賃貸マンションの中間が一般的

マンスリーマンションの利便性はホテルと賃貸マンションの中間と言えるでしょう。ホテルのように食事やお風呂が提供されることはありませんが、一般的な賃貸マンションのように生活に必要な家具類を自分で用意する必要がありません。また、敷金や礼金も無いので入居時の出費を抑えることができます。利用料金についてはホテルより安く、賃貸マンションより高い金額に設定されているのが一般的ですが、これは光熱費や水道代が日額で算出されるためです。

入居する際は立地環境も確認する

手軽に利用できるのがマンスリーマンションの大きな魅力ですが、物件の間取りや設備だけではなく立地環境も重要な選択肢になっていることを忘れてはいけません。最寄駅からの距離や駐車場の有無、近隣にどのような施設があるかで住み心地の良し悪しが決まると言っても過言ではありません。できる限り物件を見学し、周りの環境を確認してから利用の可否を判断するのが上手な選び方です。

出張や旅行など、短期の入居に使用されるのがマンスリーマンションです。家具家電付きのため、引っ越しの手間が少なく、敷金や礼金がかからないなどの特徴があります。