保育士を長く続けるためにも職場選びは重要!

保育士は社会的に需要があるものの人手不足が続いており、様々な園が人員確保のために働きやすい職場づくりをしています。

お互いのミスマッチを生まないよう、職場を選ぶ際に重要なポイントをご紹介します。

希望園を見つけたらまず○○!

求人広告だけでなく、まずは園のHPなどで保育方針や保育時間、園の様子などの基本的なことを「より深く調べる」ことが大切です。求人では知り得なかった情報を収集できるだけでなく、自分の希望に沿っているかをより検討することができます。

他にも園のブログや口コミサイトを見ることも大事です。実際の園の様子や園を利用する保護者の思い、園の評判はどうかを多少把握することができます。

応募はちょっと待って!希望園で○○してみよう!

園について知ることができたら、次は「希望園で実際に保育をすること」が大切です。実習やボランティアを利用し他の先輩保育士とともに実際に働いてみることで、「自分のしたい保育ができるのか」「職員の仲はどうか」等を確かめることができます。「遠方に住んでいて長期滞在が難しい」「その様な機会がない」という方も出来れば1日のみの職場見学を園に申し出てみてください。自分の目で実際の園を確認することが、就職後の「こんなはずじゃなかった」を防ぐ重要なポイントになってきます。

残業時間を知るためには○○すると良い!?

これは希望園が自宅から近い方限定ですが、残業時間を知るためのおすすめの手段として、「閉園後に園の明かりを確認」する方法があります。もし閉園後もずっと明かりが点いているようであれば、園に残って残業している時間が多いということかもしれません。

ただ、夜中に園周辺をうろうろしていると不審者に間違われる可能性もあるので、流し見程度にしておきましょう。

結婚したら、保育士をできなくなるとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。派遣なら時短で働けます。保育士の派遣を大阪で探してみましょう