住み込みの仕事とは?

職場と住居が一緒、または、職場が住居を提供するのが「住み込みの仕事」です。職種は、工場や新聞配達、パチンコ店などですが、工場の求人がもっとも多いでしょう。住み込みの仕事は、短期間でお金を貯めたい人には、効率的でとってもおすすめです。

住み込みの仕事のメリットとは?

住み込みの仕事のメリットは、職場が住居を用意するため、生活費を抑えらることです。職場によっては、どこまで補助がでるのか、事前に条件を確認しておきましょう。次に、住居と職場が近いのがメリットです。ぎりぎりまで睡眠をとれるし、満員の通勤電車に乗るなんて必要もありません。そして、家具付きの部屋なら、手荷物だけで住み込みの仕事先へ行けますよね。

住み込みの仕事のデメリットとは?

住み込みの仕事のデメリットは、どうしてもプライバシーや自由が制限されてしまうことでしょう。住居と職場が近いので、職場の人たちと顔を会わす時間が当然長くなります。場合によっては、門限があったり、共同部屋なんてこともあります。ですので、自由に過ごしたい人には向いていません。自分自身が共同生活に、向いているかどうかの見極めが大切です。

住み込みの仕事選びで気をつけたいポイント

住み込みの仕事は生活環境が一変します。そのため、事前に働く地域について調べておきましょう。また、家賃や光熱費、食費などはどれくらいかかるのか、条件と希望が合うかよく照らし合わせて確認してください。長期で働くなら、部屋の設備や門限、一人部屋かどうかなどの確認も重要です。自分の優先順位と目的をよく考えて、仕事を探しましょう。

埼玉の工場の求人は、女性や学生でも取り組みやすい軽作業から、高収入を期待できる自動車工場など様々なものがあります。